無料デモ機能を試すはココをクリック!

ハイローオーストラリアはスマホだけで取引可能!スマートフォンの使い方と攻略法

ハイローオーストラリアでは、スマートフォンを使って取引をしている方も多い傾向にあります。

スマホを使えば外出先やPCのネット環境のないところ取引が可能です。

しかし、ハイローオーストラリアのスマホ版はPC版と異なる点も多いので、利用する際には注意しなければなりません。

このページでは、ハイローオーストラリアのスマホというテーマでメリット・デメリット、おすすめの活用方法について詳しく解説していきます。

ぜひ最後まで読んで、スマホ取引を行う際の参考にしてみてください。

目次

スマホでハイローオーストラリア取引をする方法

スマホを使ってハイローオーストラリアの取引をする方法は2つあります。

・Androidアプリ
・WEB版

上記はスマホに限らず、タブレット端末からも取引が可能です。

スマホで取引をする際はこの2択のみになりますが、自身がお使いのスマホやタブレッドの種類によって使えるものが異なります。

詳しく見ていきましょう。

Androidアプリを使う

ハイローオーストラリアには、スマートフォン向けのアプリが提供されています。

これはAndroidの端末のみで利用できるもので、iPhoneやiPadではダウンロードできません。

ハイローのアプリはGooglePlayで検索しても出てきません。
仮にハイローオーストラリアに似たアプリがあったら、それは公式のアプリでない可能性が高いので注意しましょう。

2021年5月時点では、ハイローオーストラリアのアプリは公式HPからのみダウンロードできるようになっています。

マイぺージにログイン後、よくある質問の欄から「アプリ」と検索すると、ダウンロード画面が出てくるのでそこからダウンロードしましょう。

あわせて読みたい
ハイローオーストラリアのアプリのダウンロード手順【デモ取引も可能】 ハイローオーストラリアの、スマホアプリを利用したいと考えている人はいませんか?ハイローオーストラリアでは、アプリの準備がされています。 ただ、もしアプリのダウ...

WEB版で取引をする

Andoroidの端末でないiPadやiPhoneからでも取引ができます。

ハイローのWEB版から取引をするという方法です。

ハイローのWEB版は、2021年から使用が変わり見やすいデザインとなっています。

PC版に比べて明るく作られているので、操作性も高く使いやすいとの評判が多いようです。

お使いのスマホがiPhoneであればこのWEB版一択となります。
Androidをお使いの方は、アプリ、WEBのどちらも利用できるので使いやすい方を選びましょう。

ハイローオーストラリアでスマホを使うメリット

次に、ハイローオーストラリアでスマホを使うメリットを紹介します。

それぞれの細かいメリットを知りたい場合は、ハイローオーストラリアAndroid記事とハイローオーストラリアiPhone記事で詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。(※後ほど作成する記事の内部リンクを入れます)

具体的なメリットを見ていきましょう。

場所に捉われず取引が可能

スマートフォンを使う最も大きなメリットは、どこでもハイローオーストラリアの取引ができるという点です。

PCを使って取引をする場合は、ネット環境やPCの環境がないと取引ができません。

それでは通勤通学中や、お仕事の合間に取引をするという事は現実的ではないです。

しかしスマホを使えば、例え通勤通学中の電車内や、お仕事家事の合間といったすき間時間でも取引ができます。

外出先であれば、タブレット端末やスマホにMT4アプリをインストールして相場分析ができます。
スマホ版のチャートだけでエントリーポイントを探すのは困難なので、基本的にはチャートを見ながら分析→チャンスが来たらスマホでエントリーを行うと良いでしょう。

入出金が簡単

スマホ版では入出金も簡単に行えます。

前述した場所にとらわれないという点とも共通する部分もありますが、どこでも入出金が可能であるため「今日中に出金申請をしておきたい」「15時までに銀行入金して帰宅後の取引に備えたい」といった場合でもスマホ1つで入出金可能です。

ハイローオーストラリアでは出金申請をした日から2~3営業日ほどで着金されます。
急ぎで出金申請をしたい場合でも、スマホアプリかWEB版でログインできるようにしておけばいつでも申請可能です。着金の予定日から逆算して余裕を持った出金申請を行いましょう。

わざわざPCから申請をしなくても、スマホから入出金管理ができます。

また、最近ではネットバンキングも充実しているので、銀行入金であってもスマホから送金先情報を取得すればネットバンキングからの送金もスムーズに行えます。

PC版よりも細かな値動きが追える(アプリのみ)

PC版のハイローチャートとスマホアプリで見るハイローチャートは形に違いがあります。

上画像のように、同じ時間帯、判定時間、銘柄であっても、PC版チャートの方が鈍い値動きになります。

アプリ版では細かい値動きが表現されているので、エントリー後に値動きを追う際に便利です。

※スマホでWEB版を使った場合は、PC版とほぼ同じチャートが表示されます。

基本的にハイローチャートだけを見てエントリーポイントを予測するのはできないといっていいでしょう。
MT4などのプラットフォームを見て分析することが一般的です。

またスマホ版は、ハイローチャートとMT4チャートのずれを見るのにも適しています。

ハイローチャートはMT4やMT5に比べて遅れて動くケースがあり、相場の急変動が起きた際にはハイローが追い付いていない場合があります。

ずれが発生した状況でエントリーするのはギャンブル性が増してしまうので、アプリ版のチャートとMT4の動きを照らし合わせて見るといいでしょう。

大まかな動きを表現したPC版のハイローチャートと見比べた時よりも、いち早く数値のずれに気づける可能性が高まります。

ハイローチャートのずれに関しては、ハイローオーストラリアチャート記事で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

ハイローオーストラリアでスマホを使うデメリット

次に、ハイローオーストラリアでスマホを使うデメリットを紹介します。

基本的には、PC版での取引が最も有利であり効率の良い取引方法です。

これは、スマホ版とPC版を比較した際に機能性の違いがあるからといえます。

具体的なデメリットを見ていきましょう。

銘柄切り替えに手間がかかる

ハイローのスマホ版はアプリ、WEB版共に銘柄切り替えで手間がかかるというデメリットがあります。

PC版の取引では、マイページの右側にある「全ての資産」をクリック後に表示された検索画面で銘柄の頭文字を入力すればすぐに銘柄選択が可能です。

また、あらかじめTurboやHighLowスプレッドの画面にしておけば、取引形態別での銘柄が表示できます。

それに対してスマホ版ではそのような機能が搭載されていないので、全ての銘柄一覧から表示させたい銘柄、もしくはエントリーしたい銘柄を探す必要があります。

特に15分取引であれば、短期、中期、長期の判定時間に分かれているので、全ての銘柄から決まった判定時間を下にスクロールして探す必要があります。

ハイローオーストラリアの取引では、一瞬の取引チャンスを逃さないことが重要です。

銘柄切り替えに手間がかかってしまうと、銘柄選択中にチャンスを逃す可能性があります。

短期的な判定時間になるほど瞬時のエントリーが重要となるので、スマホでの取引は適していないといえるでしょう。

リアルタイムの時刻が表示されない

ハイローオーストラリアではスマホWEB版、アプリ版の両方でリアルタイムの時刻が表示されていません。

確定足を狙ったエントリーをする方は、分数だけではなく秒数を見ることが重要となります。

PC版ではマイページの左上にその時の時間が表示されているので、正確な秒数を把握することができます。

しかし、スマホ版ではこれらの表示がないので、時間を把握したい時は別途タイマーを設置するか時計を見て確認する必要があるのです。

スマホを使ったおすすめの取引方法

次に、スマホを使ったおすすめの取引方法を紹介します。

取引方法から具体的な手法までを詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

MT4チャートを見ながらスマホでエントリーする

まずは、PCでMT4チャートを見ながら分析をして、エントリーだけスマホで行うといった方法です。

スマホでのエントリーをおすすめする人
  • PCが一台しかない
  • 取引手法が長めの判定時間を狙う場合
  • PCのスペックが低い
  • PCのネット環境が高速ではない

上記のような方には特におすすめです。

PCが1台しかない方は、1つのPCでMT4と取引画面を表示させないといけないので、エントリーをスマホで行うなどして使い分けるといいでしょう。

また、手法は1分などの短い判定ではなく、ある程度長期の判定を狙うと通貨切り替えに多少の手間がかかっても対応できます。

15分取引について、ハイロー15分攻略法の記事で詳しく紹介しているので、長期判定の手法がない方は参考にしてみてください。

PCでの取引はパソコンスペックが低かったり、ネット環境が高速でない場合に約定力へ大きな影響を与える可能性があります。PC動作が重くなり約定までに時間ずれがあると、約定拒否やエントリー位置のずれに繋がるので注意しましょう。

スマホであれば携帯会社の回線で動くので、ある程度の環境であれば約定遅延や拒否も発生しにくいです。

しかし、スマホでも動作が重くなる場合もあるので、定期的にアプリやWEBを再起動させるなどして対応しましょう。

経済指標時の逆張りに使う

次に紹介するのは、経済指標の逆張りを狙うという手法になります。

経済指標はあらかじめ発表される時間が決まっているので、取引をしやすい時間とも言えます。

為替相場は一方方向に急騰、急落するとその後反発をしやすい習性があります。
バイナリーオプションの取引では、その急騰急落後の反発を狙って逆張りをすると高い勝率が出しやすいです。

おすすめの経済指標は以下のようなものがあります。

・豪準備銀行政策金利
・ニュージーランド準備銀行政策金利
・米国雇用統計
・FOMC
・イギリス政策金利

あくまでも一例ですが、この指標の時は特に相場が動きやすいです。

相場が動く時間がある程度予測できるうえに、ハイローチャートのみで相場の急変動が把握できます。

経済指標を狙った逆張り手法
  1. 注目度の高い経済指標の時間に備える
  2. スマホのハイロー画面から関連の通貨を選択して表示する
  3. 指標発表後5分間待って、反発がなければ次の5分判定で逆張りのエントリーをする

このような方法になります。

関連通貨とは、指標に関連している銘柄の事です。

例えば豪準備銀行政策金利であれば、AUD/JPYやAUD/USDといった豪ドルの関連ペアを狙うといいでしょう。

経済指標で大きな相場変動があると、下落時には崖のようなチャートを作ります。

スマホの画面で見ていても一目で相場変動が確認できるので、スマホだけを使った取引方法では有効といえるでしょう。

ローソク足のサイズや他通貨の相関性、インジゲーターの反応といった根拠の判断ができないので、普段よりもエントリー額を下げて取引することがおすすめです。

スマホからPCのMT4チャート見てエントリーする

スマートフォンのMT4アプリを使えば相場状況などが確認できますが、自作のカスタムインディゲーターやシグナルツールを反映させることはできません。

しかし、PC版のMT4を自身のスマホ、タブレット端末から操作して、外出先でエントリーチャンスを探すという方法もあります。

スマホからPCのMT4チャート見てエントリーする方法
  1. VPSを契約してPCのMT4と連携をさせる
  2. Microsoft Remote Desktop(遠隔操作アプリ)をスマホにインストールさせる
  3. VPSの接続設定をする
  4. スマホからMT4を操作(通貨切り替え、分析など)をする
  5. チャンスが来たら、ハイローアプリorWEB版からスマホでエントリーする

このような方法になります。

VPSとは?!
仮想専用サーバー。PCを立ちあげていなくても、WEB上に自身のMT4が表示される。
主にFXの自動売買などで用いられる。

遠隔操作アプリを使えばスマホからPC画面の閲覧ができますが、パソコンを立ち上げておく必要があるのでVPSを契約した方がいいといえるでしょう。

分析+エントリーがスマホで完結するので、外出先でも気軽に取引可能です。

自身のスマホでPCのMT4が操作できるので、特殊なインジゲーターやサインツールを入れていても、スマホからチャンスを確認できます。

スマホからMT4への遠隔操作は外出先でFXの自動売買設定をする際などに用いられます。
ハイロー取引を外出先で利用する際も有効なので、家でチャート分析ができない方などは活用してみてください。

目次
閉じる