MENU
無料デモ機能を試すはココをクリック!

ハイローオーストラリアの判定時間は?判定時間を基礎から解説

バイナリーオプションは、現在の価格から上に行くのか下に行くのかを当てるだけのシンプルなマネーゲームです。

FX取引のように、利益確定や損切りなどする必要がないため、ハードルが低いことで知られています。

とはいえ、簡単に勝てるほど甘くはありません。
コンスタントに勝つためには判定時間を理解する必要があります。

今回は、日本人にも人気がある海外のバイナリーオプション業者「ハイローオーストラリア」を例に「判定時間とは何なのか?」を説明していきましょう。

目次

ハイローオーストラリアの判定時間

導入部分で記したように、バイナリーオプションは「為替価格が現在のレートから上がるのか下がるのか」を当てるだけです。

それは、何分後の予想なのか?あるいは、何10分後、何時間後の予想なのか?
それを判定するまでの時間のことを「判定時間」と呼んでいるのです。

判定時間の設定は、バイナリーオプション業者によって異なります。

ハイローオーストラリアにおける判定時間は以下です。

・1日…ペイアウト倍率1.90倍
・1時間…ペイアウト倍率1.89倍
・15分…ペイアウト倍率1.88倍
・5分…ペイアウト倍率1.85倍
・3分…ペイアウト倍率1.86倍
・1分…ペイアウト倍率1.90倍
・30秒…ペイアウト倍率1.95倍

ご覧頂いているように、ハイローオーストラリアは7つの判定時間が設定されています。

自分の取引スタイルや正確に見合った判定時間を選択することで、コンスタントに資金を増やすことができるのです。

ペイアウト倍率

前述したリストを見ると、判定時間別にペイアウト倍率に違いがあることがわかります。

ペイアウト倍率とは、予想が当たった時に払い戻しされるパーセンテージのことです。

仮に、10000円を

【判定時間1日…ペイアウト倍率1.90倍】

に投資して予想が当たったとしましょう。その場合は、

【10000円×1.90倍=19000円】

に資金が増えるため、9000円儲かったということになるのです。

1日で9000円儲かるのであれば悪くありませんので、副業としてバイナリーオプションを始める人が増えています。

その代わり、予想が外れると資金を失うので注意しなければなりません。

バイナリーオプションは、FXや株に比べるとギャンブル性の高い投資です。必ず、失っても生活に困らない余裕資金で臨んでください。

ドローは負け

バイナリーオプションは「ドロー判定」になることもあります。

これは、チャートが上にも下にも動かず「判定時間の価格がエントリー時と変わらなかった」という状況です。

ハイローオーストラリアのルールでは、ドローは負け判定になります。資金が減ってしまうのでご注意ください。

ハイローオーストラリアで稼ぎやすい判定時間

前述したように、ハイローオーストラリアには様々な判定時間があります。この中でも、稼ぎやすい判定時間があるのです。

この章では、それをまとめています。

・バイナリーオプションで勝てない人
・FXからバイナリーオプションに移行したい人
・FXのバイナリーオプションもやったことのない人

は、参考にしてみてください。

1時間判定

まず最初にオススメするのは、1時間判定です。1時間に1回、判定時間が訪れます。

FXでデイトレードをする場合は、数10分~数時間が通常なので、FX取引に慣れている人にオススメです。

まずは、日足チャートを確認して、その日の方向性を確認。

その後、4時間足や1時間足のチャートで、ローソク足と移動平均線のタッチ&解離などを確認すると取引しやすいでしょう。

指標発表に注意

雇用統計、ISM、FOMCなどの指標発表が何時にあるのか確認しておいてください。

参考:経済指標とは

指標発表があった直後は、瞬間的にチャートが乱高下します。

「今のところ予想通りにチャートが動いている。このまま判定時間が来れば利益が出るぞ!」

と思っている時に指標発表が重なると、一気に予想に反した動きを見せて負ける可能性があります。

・指標発表がない日
・わかりやすいトレンドが起こっている日

などに取引すると勝ちやすいでしょう。

5分判定

5分間に1回、判定時間が訪れます。

FXでデイトレしている人もスキャルピングしている人も、5分足は高確率で確認しているチャートです。

そのため、5分判定もバイナリーオプション向きと言えます。

前述した、1時間判定の取引のコツにプラスして、5分足も組み合わせるのがおすすめです。

そうすると、エントリーポイントが絞られてきます。

こんな人にオススメ

5分判定は、以下の性格をしている人におすすめです。

・早く結果が出て欲しい
・チャートが乱高下しているとメンタルが持たない
・短気な性格
etc。

このような人は、1時間判定のような長い時間を耐えられません。

バイナリーオプションは、資金管理やチャート読解力も大切ですが、メンタルコントロールも重要です。

前述したリストが当てはまる人は、短い判定時間で取引しましょう。

15分判定

15分間に1回、判定時間が訪れます。

「5分足チャートと15分足チャートは同時に確認するべき」としている投資家は少なくありません。

5分足チャートを盲信してトレードすると「だまし」だらけになってしまうため、損する可能性が高まるのです。

そこで、「5分足が3回形成されるのを待つ」ことが重要になります。

すると、15分足が1本形成されるため、だましを避けやすくなり、予想しやすくなるのです。

メンタルコントロールもしやすい

15分に1回の判定なら、短気な人でも耐えられないことはないはずです。

メンタルコントロールしやすくなるため、落ち着いて取引できるようになります。

1分判定

1分に一度、判定時間が訪れます。

・メンタルコントロールのしやすさ
・短気

という点においては、最も適した判定時間と言えるでしょう。5分判定や15分判定でもストレスを感じる人は、試してみてください。

集中力が大事

4時間足や1時間足もチェックしつつ、1分足チャートをメインにエントリーポイントを探ります。

FX取引のスキャルピングと同じ考え方なので、ずっとチャートに張り付いていられる集中力が必要です。

そのため、本業が忙しい方やこまめにチャートをチェックできない方は向いていません。

ペイアウト倍率が高い点に注目

1分判定のペイアウト倍率は、ハイローオーストラリアのなかで2番高い1.90倍となっています(1番高いのは30秒判定の1.95倍)。

1回の取引で大きく儲けたい人にオススメです。

1分足チャートは細かいレンジを形成しやすく、頻繁にサポートとレジスタンスにぶつかって反転します。

そのため、レンジの上下で逆張りエントリーを繰り返して、サクサク稼ぐことも可能です。

その代わり、サクサク資金を失うリスクがあることも忘れてはなりません。毎回、大きくロットを張ることは避けましょう。

ハイローオーストラリアで避けるべき判定時間

前述したように、勝率を上げやすい判定時間がある一方で、避けるべき判定時間もあります。

人によって向き不向きがあるので一概には言えませんが、ハイローオーストラリアを使う場合は、以下の判定時間は避けた方が無難です。

1日判定

1日に1回、判定時間が訪れます。週足や日足などのチャートを確認してエントリーポイントを探ることが多いです。
4時間足や1時間足も組み合わせて、トレンドの方向や反転ポイントを探ることで、勝率が上がります。

5分足や1分足ほどの細かいチャートは確認しなくても、特に問題はないでしょう。

ストレスを抱える時間が長い

判定が出るまで1日かかるわけですから、ポジションの保有時間が長いです。

短期でストレスを抱えやすい人には向いていません。

エントリーチャンスが少ない

1日判定は、1日に1回エントリーするのが通常です。
1分判定のように、レンジ内で取引を繰り返すことに比べるとエントリーチャンスが限定されます。

コンスタントに稼ぐことは難しいでしょう。

その代わり、チャートに張り付く必要がないことを考えると、忙しい人には向いています。

ボラリティがあるならFXの方が稼げる

ドル円の1日の平均ボラリティ(平均値幅)は、50pips前後ですが、100pips以上動くこともあります。

ボラリティのある日に取引するなら、バイナリーオプションよりFXの方がオススメです。

FXは、「上がるか?下がるか?」を当てるバイナリーオプションとは違ってpipsを稼ぐマネーゲームなので、ポジションを持ち続けていればどんどん利益が乗ります。

3分判定

3分間に1回、判定時間が訪れます。

判定が出るまでの時間が短いため、メンタルコントロールしやすいメリットがあるのですが、あまりオススメできません。

3分足は意識されていない

為替相場において、3分足というのはかなり特殊です。

さまざまなFX業者やバイナリーオプション業者をチェックするとほとんど見かけません。

一般的に見られているチャートは、

・日足
・4時間足
・1時間足
・30分足
・5分足
・1分足

などです。

為替チャートは、「世界の投資家が一斉にエントリーする」ことで変動します。

投資家たちは、前述したオーソドックスな時間足を見てエントリーポイントを探っているため、3分判定だと予想が立てづらくなるのです。

どうしても3分判定で取引したいのであれば、1分足を参考にすると良いでしょう。

30秒判定

30秒間に1回、判定時間が訪れます。

判定時間が短いため、メンタルコントロールしやすいのがメリットですが、オススメできません。

理由は、3分判定の時と同じです。30秒足を用意しているFX業者やバイナリーオプション業者はほとんどありません。

世界的に意識されていない時間足なので、進んで取引するメリットはないのです。

取引するなら1分足とチックチャートチャート

それでも、敢えて30秒判定で取引したいのであれば、1分足とティックチャートの組み合わせがオススメです。

ティックチャートは、1秒単位で値動きがわかるチャートのことを言います。あまり長い時間足は意識せず、瞬発力で取引することになるのです。

ペイアウト倍率が一番高い点は魅力

ここまで説明しているように、30秒判定は、あまりおススメではありません。しかし、ペイアウト倍率が一番高い点には魅力です。

30秒判定のペイアウト倍率は1.95倍となっており、ハイローオーストラリアの中では1番となっています。

サクサク稼げる可能性もある一方で、ギャンブル性が高くなるので、資金の賭け方はコントロールしましょう。

判定時間と合わせて重視したい「取引時間」

ここまで、ハイアンドローオーストラリアの判定時間を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
なんとなく、自分に向いている判定時間を絞ることができたと思います。しかし、「これで勝てるぞ!」と思うのは早い!

仮に、「自分には1時間判定が向いてそう」と思ったとしても「何時に取引するのか?」で勝率が変わって来るのです。

「値動きが起きやすい時間」を早くしないとコンスタントに利益を上げることはできません。

バイナリーオプションで利益を上げやすい時間帯は、何時なのか紹介しましょう。

三大市場

為替相場の世界には、「三大市場」と呼ばれる時間帯があります。それは、

・東京市場…9時から19時
・ロンドン市場…17時から3時
・ニューヨーク市場…22時から7時

の3つです。

参考:三代証券取引所

この時間帯は、値動きが起こりやすいとされています。

ロンドン市場とニューヨーク市場が狙い目

東京市場でも大きな値動きを見せることはありますが、それは稀であり、基本的には閑散としています。

毎日、鉄板で大きくチャートが動くのは、ロンドン市場とニューヨーク市場です。

昼職を持っている方が帰宅してからトレードするにはちょうど良い時間なので、ロンドン市場とニューヨーク市場は日本人向きと言えます。

バイナリーオプションをする方は、意識してみてください。

まとめ

今回紹介したように、ハイローオーストラリアの判定時間は以下のようになっています

・1日…ペイアウト倍率1.90倍
・1時間…ペイアウト倍率1.89倍
・15分…ペイアウト倍率1.88倍
・5分…ペイアウト倍率1.85倍
・3分…ペイアウト倍率1.86倍
・1分…ペイアウト倍率1.90倍
・30秒…ペイアウト倍率1.95倍

自分のライフスタイルや性格に見合った判定時間を見つけて、効率よく資金を増やしましょう!

目次
閉じる