MENU
無料デモ機能を試すはココをクリック!

ハイローオーストラリアは勝てない?バイナリー初心者が知りたい勝てない原因

バイナリーオプションを始めてはみたものの、勝てないと悩んでいる人はいませんか?
ネットでは簡単と言われているのに、どうして勝てないのかと不安になる人もいるはずです。

今回の記事では、バイナリーオプションで勝ていない人の特徴から、その対策について解説していきます。

バイナリーオーストラリアで勝てないと感じたら、ハイローオーストラリアのクイックデモで練習してみましょう。

目次

バイナリーで勝てない人の特徴 取引が運任せ

バイナリーオプションで勝てない人の特徴1つ目は、取引が運任せに行っていることです。

バイナリーオプションは決してギャンブルではありません。
れっきとした投資の一つになります。

それを「見た目が上がってきたからそろそろ下がる」や「連続してハイだったからそろそろロー」のような運任せのエントリーをしていたら、勝てないのも当たりまえです。

でも、ハイアンドローの2択ならば勝率50%、圧倒的に負けることはないのでは?とと思われる人もいるかもしれません。

ただその点は大きな勘違い、そのように説明をしてしまっているサイトも散見されますが、実際には「ペイアウト率」「スプレッド幅」「同値終了の場合、掛け金募集」など勝率が50%にならない要素があることに気づかなければいけないのです。

バイナリーオプションは丁半博打では無く、投資として取引をい行うことが大切、しっかりと分析を行ったうえで、その価格でエントリーする理由を、明確にする必要があります。

運任せの人の対策

そこで必要となるのがチャート分析です。
投資を行う人は必ず、チャートを見たうえで分析を行い、根拠を持ったエントリーを行っています。

先ほどバイナリーオプションは丁半博打ではないと説明をしました。

それはサイコロをふって、出た目が奇数か偶数かを当てるような、単純なものでは無いからです。

過去の膨大な為替のデータから、同じような状況が無いかをテクニカル指標を利用して分析、その結果このチャートならば上がる可能性が高いという判断を行ってエントリーをしていきます。

勝率の高い人の「ここでなぜエントリーをしたのですか?」と質問をすれば、必ず明確な答え持っているはずです。
取引を運任せで行っている人にはこの答えが言えない点が問題となります。

もしエントリーが間違っていたとしても、答えがあってエントリーしたのならば次につなげることもでき、これが勝率を上げる元になるかもしれません。

為替には、過去のデータから未来を予測する「テクニカル分析」と、世界情勢や経済の状況から未来を予測する「ファンダメンタル分析」の2種類によって、分析することができます。

これにより、明確なエントリーポイントを説明できるようになれば、バイナリーオプションで勝てないという状況は減るはずです。

バイナリーで勝てない人の特徴 メンタルが弱い

バイナリーオプションで勝てない人の特徴2つ目は、メンタルが非常に弱いという点があげられます。
メンタルとは、心や精神、知性などを意味している英語です。

バイナリーオプションの場合、メンタル面が弱い人は熱くなりやすいということが特徴としてあげられます。

それでは、バイナリーオプションにおけるメンタルの弱さから、熱くなる人とはどのような場面か、いくつかの行動例をあげていきましょう。

  • 今日はトータルで1万円負けてしまった、今日の負け分を取り戻すため口座のお金を一度に全額賭けてエントリーをし、負け分を取り戻そうとする行動
  • あれ?ここでエントリーしたいのに何度も約定拒否される、このっこのっと価格が変わっているのに何度もクリックをしてしまう行動
  • 今日は2万円稼げた、どうせ得られた利益だから全部使って、更に稼ぎを倍にしよう、負けても元から無かったものと思えばいいやという行動

これらはメンタル面が弱く熱くなりやす人に起きやすい行動です。

この行動は、運が良ければ元を取り戻すかもしれませんが、ほとんどの場合においてバイナリーオプションから退場する結果となることでしょう。
沸騰した頭で考えたエントリーポイントが明確なわけがないことが理由です。

それでばバイナリーオプションにおいてメンタル面で勝てないとき、どのような行動をすればよいのでしょうか。

メンタルが弱い人の対策

まずは熱くならないことを目指しましょう。
投資で熱くなっても良いことなど一つもありません。

その事を理解し、連敗したと感じたら一度パソコンを閉じて、深呼吸をしながら他の事でも始めるぐらいの余裕が必要です。

熱くなっているときは、目の前のチャートばかり夢中になり、ファンダメンタルを忘れることもあります。

どんなに素晴らしいテクニカル分析をしても、ファンダメンタルが起きれば通用しません。

普段なら起こさないようなミスを、熱くなったことにより起こしてしまうのです。そこを一度リセットする必要があります。

「熱くなったら負け」この言葉をしっかりと胸に刻んでおきましょう。

またメンタルの弱さを補うために、これ以降に説明する「資金管理」「ルールの設定」などが必要になってきます。

決めたことをしっかりと守る、メンタル面は、すべての土台となるべき部分と考えてください。

どんな良い手法もルールも資金管理も、すべては冷静な強いメンタルがなければ成り立ちません。

バイナリーオプションで勝ていない人は、特にこのメンタル面を注意するようにしましょう。

バイナリーで勝てない人の特徴 資金管理ができていない

バイナリーオプションで勝てない人の特徴3つ目は、資金管理ができていないことです。

先ほど、メンタル面でも説明しましたが、状況に応じエントリー金額を変更する資金管理を行うのは危険、特に最初の方は、しっかりとした管理をしなければ即口座は0円となることでしょう。

もしバイナリーオプションを長く続けていきたいと思うのならば、エントリー金額は最初は変更しないことが大事です。

中にはマーチンゲール法をおすすめしているサイトもありますが、あれは最も危険な資金管理方法、手を出してはいけません。

マーチンゲール法を簡単に説明すると、負けたら次の取引で損失プラス利益を出そうとする方法、もし連敗をすると一気にエントリー金額は膨れ上がり、資金があっという間に底をつき退場となってしまうのです。

最低でも勝率55%以上、口座残高に応じた均一なエントリー金額による取引、これを続ければ絶対に口座が0円になることはありません。

それでは口座にはどれぐらいの余裕があればよいのでしょうか。

資金管理ができない人の対策

バイナリーオプションの資金管理でいけない行動は、無理なエントリー金額から口座残高が0円になったので、また入金しなくちゃという行動を繰り返してしまうことです。

更に、これはメンタル面にも通じてきますが、余裕がないお金でバイナリーオプションを行っても勝てない可能性が高くなります。

これで勝てれば明日家賃が払える、このような状況でバイナリーオプションを行うのはとても危険です。

そもそもの問題で資金管理ができていないということになるので、このようなバイナリーオプションは止めるようにしましょう。

口座に入金するお金は無理のないお金から、エントリー金額は口座残高の2%~5%に留めておくのが無難です。
口座残高に5万円あるのならば、本日のエントリー金額は千円と決めておくようにしましょう。
口座のお金が一気に減れば誰でも慌てます。

慌てれば冷静な取引ができなくなり、あっという間に口座は0円、それじゃまた入金しようの繰り返しなのです。

バイナリーオプションで勝率はいいのに勝てない人は、資金管理をしっかりと行うようにしましょう。

バイナリーで勝てない人の特徴 ルールを設けていない

バイナリーオプションで勝てない人の特徴4つ目は、明確なルールを設けてないことです。

バイナリーオプションでは、エントリーすることに対し明確なルールを設定し、それを必ず守ることで勝率を上げることができるのです。

アメリカで有名な相場師ウィリアム・D.ギャン氏は、生涯に投資で50億円を稼いだと言われているとんでもない人が居ます。

その人が実践していたのが「ギャンの価値ある28のルール」ここから、利大損小のルール絶対主義者で投資を行っていたようです。

このような過去の偉大な投資家からも、ルールの設定が重要という事が分かります。

先ほどの資金面、エントリーするタイミング、時間、相場の状況などルールを設定することにより、冷静なメンタルを保つこともできるのです。

バイナリーオプションで勝てない人は、明確なルール作りを行っていきましょう。

ルールがない人のための対策

例えば先ほどの、資金管理、口座残高の5%以内まででエントリーをするというのもルールの1つです。

また手法に関しても、自分が決めた手法通りにチャートがならなかったらエントリーを見送るというのも必要、むやみにエントリーをしなくなります。

その他3連敗したら一旦止めるというのも冷静なメンタルを保つために必要です。
もっと簡単に、朝必ず今日の要人発言をチェックするというものルールに組み込んでもよいでしょう。

このような簡単にできるルールを組み込むことによって、守りやすくするという工夫をすることも必要です。
また、バイナリーオプションを行うのは何時から何時まで、というのもありではないでしょうか。

ただ、絶対にルールにしてはいけないこともあります。
今月の目標は〇〇円稼ぐという目標を、ルールとして組み込むのは止めてください。

単純に、目標金額を立てるのは絶対にやめておきましょう。

この目標金額により、無理なエントリーを実行、結果ルールが守られないとなってしまうのです。

このような状況にならないためのルール作りをし、それを必ず守ればバイナリーオプションで勝てない状況から抜け出せるはずです。

バイナリーで勝てない人の特徴 トレードを何度も繰り返す

バイナリーオプションで勝てない人の特徴5つ目は、トレードを何度も繰り返すことです。
実は1日のトレード回数が多い人は、バイナリーオプションで勝てない可能性が大きくなります。

「だって自分が決め手法が何度もエントリータイミングになるから」と言われるかもしれませんが、そもそもその手法が間違いなのです。

勝率の高い手法は1日に何度もエントリータイミングを示唆しません。

勝率が高いほど、エントリータイミングは中々訪れないものなのです。

例えばボリンジャーバンドを利用し、1時間以内に2σタッチの逆張りでエントリーしたら、6回のタッチがあり勝率が50%だったとします。

この手法に、オシレーター系のテクニカル指標も加え、売られ過ぎや買われ過ぎでなければエントリーを見送るという条件をプラスしてみましょう。
もちろん、エントリーする条件を絞るので、回数は減るはずです。

しかもその減る回数は、理にかなっている内容なことから、負ける回数が減ることが予測できます。

つまり、条件をある程度厳しくすることによって、負けそうなエントリー回数を減らすことができるのです。

むやみやたらにエントリーできるような手法をお持ちの人は、もう一度手法を分析し直さなければ、バイナリーオプションでは勝てないかもしれません。

トレードを繰り返す人の対策

信頼できる自分のテクニカル分析を作ることが大事です。
どんな方法でも構いません。

インターネットから良さそうな手法を探し出し、それを試してみます。

ただいきなり実践で試すのは間違い、しっかりと順序良く試してから実際の口座で行うようにしましょう。
まず自分の手法を考えたら、その手法でバックテストを行います。

バックテストとは、過去のチャートからその手法を利用したらどのような勝率かを導き出すものです。

外部に依頼するとお金もかかりますので、過去のMT4から自分で算出するのが一番よいでしょう。
バックテストから十分な勝率を得られたら、次はデモ口座により、勝率を導きだします。

これにより大丈夫と判断したら、実際の口座で低予算から行っていくようにしましょう。

この順番で勝てる手法を見つけ勝率を上げる努力をすれば、バイナリーオプションで勝てないという状況から脱却できるはずです。

勝てないのはバイナリーオプションがいけないのではありません。

自分のバイナリーオプションへの取組方がまだまだ甘い人が多く、簡単に勝てると思い込んでいるのが問題なのです。

しっかりと取り組むことができれば結果は残せるはず、それがバイナリーオプションという投資、その事実を忘れないようにしましょう。

目次
閉じる