無料デモ機能を試すはココをクリック!

ハイローオーストラリアの30秒取引【攻略法も徹底解説!】

ハイローオーストラリアの30秒取引をやってみたいんですけど…初心者でも大丈夫ですか?

今回は、上記のお悩みを解決します。

結論から言うと、ハイローオーストラリアの30秒取引は初心者には難易度が高め。

というのも、30秒取引を解説する際、初心者には少し難しいポイントが多いんですよね。ただ、たった30秒で稼げて魅力的なのは事実。

今回は、難易度高めな30秒取引のやり方やルール、メリットやデメリットを徹底解説。後半では、30秒取引の攻略を解説しつつ初心者でも限られた時間で効率よく稼げるようになる方法を紹介します。

目次

ハイローオーストラリアの30秒取引とは(簡単におさらい)

ハイローオーストラリアの30秒取引のやり方をみる前に、簡単に30秒取引がどういったものなのかおさらいしておきましょう。

30秒取引とは30秒で取引結果がわかるバイナリーオプション取引のこと。

短期取引の30秒取引は、「Turbo」「Turboスプレッド」で選択ができます。

  • Turbo:エントリーした30秒後の価格が上か下かを予測
  • Turboスプレッド:エントリーした30秒後の価格がある一定の幅(スプレッド)よりも上か下か予測

上記のように、30秒で為替を分析して予測する必要があるので初心者にはかなり難しい取引です。

他の15分取引などはしっかりと分析できるのですが、30秒取引は分析する暇なく判定時刻を迎えます…。

結果がはやくわかるのはメリットですが、その分難易度が高いです。しかし、30秒取引を利用するタイミングさえ覚えれば手っ取り早く利益を生み出すことも可能になります。

では、詳しい取引のやり方を見ていきましょう。

ハイローオーストラリアの30秒取引のやり方

基本的にTurboスプレッドは超上級者向けなので、今回は「Turbo」を使って解説。

  1. 取引タイプの選択「Turbo」
  2. 通貨ペアを選択
  3. 30秒を選択
  4. エントリー金額「1000円」
  5. HighかLowでエントリー

30秒取引の流れは上記のとおり。

スマホ画面を使って見ていきます。

>スマホでハイローの取引画面を開く

①取引タイプ「Turbo」を選択

 

ハイローオーストラリアでは、4種類の取引が選択可能。

  • 15分以上の取引は長期取引➡︎HighLow
  • 30秒や1分といった短期取引➡︎Turbo

上記のとおり。ここでは30秒取引をやっていきますので「Turbo」を選択でOK。

②通貨ペアを選択

今回はとりあえず「USD/JPY」でOK。

ハイローオーストラリアは、現在17種類の通貨ペアに加え、仮想通貨・商品物価指数・株価指数などの銘柄17種類の計34種類の銘柄があります。

初心者にはこの数から通貨ペアを選ぶのが難しいって方は

「USD/JPY」「EUR/USD」の三代市場(東京、ニューヨーク、ロンドン市場)を選んでおけばOK。取引量が多い通貨ペアなので割と安定しやすいです。

③取引時間30秒を選ぶ

ここの項目で「どの時間の価格を予想するのか?」を選択できます。今回は「30秒取引」を選んでいきましょう。

画像のように現在の30秒後のUSDJPYの価格が現在価格より高いのか?低いのか?を予想するということです。

30秒取引は相場の流れがどんどん変わるので予測が難しい!実際のチャートで確認してみるといいですよ。

>>実際の為替の動きをみてみる

④掛金(エントリー金額)

1回のエントリーでの掛金(エントリー金額)を入力します。

最低エントリー金額1,000円
最高エントリー金額20万円

⑤HighかLowか

価格が高くなるか「High」、低くなるか「Low」を選択。

スマホ版の場合はこれでエントリー終了。PCの場合は最後に「今すぐ購入」を押すとエントリー完了です。

ハイローオーストラリアの30秒取引のルール

ルールはエントリーした時間から、30秒が経過した後に価格が現在よりも高いか?低いか?を予測する取引。

例えば、30秒取引を選択しHighでエントリーした場合、エントリーした瞬間からちょうど30秒後の価格が現在より「高ければ勝ち」「低ければ負け」ということ。

30秒取引の通貨ペアは7種類

30秒取引が可能な通貨ペアは以下の7種類です。

  1. AUD/JPY
  2. AUD/USD
  3. EUR/JPY
  4. EUR/USD
  5. GBP/JPY
  6. NZD/JPY
  7. USD/JPY

※先頭の頭文字がアルファベット順。

30秒取引のペイアウト率

30秒取引はTurboの中でも、1番ペイアウト率が高い取引です。

Turboの他の時間とペイアウト率を比較してみましょう。

  • 30秒:1.95倍
  • 1分:1.90倍
  • 3分:1.90倍
  • 5分:1.85倍

となっており、時間が短いほどペイアウト率が高くなっています。

ペイアウト率の高さは取引の難易度と比例してると言われています。=30秒取引は難易度が高い!

ハイローオーストラリアの30秒取引のメリット

30秒取引のメリットとして一番よく取り上げられているのは、ペイアウト率の高さでしょう。

通常のTurbo30秒取引でもペイアウト率は高いのですが、最もペイアウト率が高いのはTurboスプレッドの30秒取引です。

取引方法取引時間ペイアウト率
Turbo30秒1.95倍
Turboスプレッド30秒2.30倍

特に2.30倍はハイローオーストラリア全体の取引の中でも最も高いペイアウト率になっています。

上記を踏まえて、30秒取引のメリットをまとめてみました。

  • 30秒取引のペイアウト率の高さ
  • 判定時間が短いので、多く取引ができる

では1つずつ詳しくみていきましょう。

30秒取引はペイアウト率が高い

前述でも説明しましたが、30秒取引きはハイローオーストラリアのなかで最も高いペイアウト率です。

ペイアウト率が高いのがメリットという理由は、単純に利益が上がりやすいからです。

仮に、10,000円の取引をした場合で例えると、

  • ペイアウト率2倍の場合、、10,000円×2=2,0000円
  • ペイアウト率1.65倍の場合、、10,000円×1.65=16500円

この差は3,500円となります。

たったこれだけで3,500円の差が生まれる。これが10万円だとしたら、35,000円…。

高級焼肉に3回はいけますね…。

見てお分かりのとおり利益額に雲泥の差が生まれてくるので、間違いなく「メリット」を実感できるのはペイアウト率なのではないかと思います。

30秒取引は多く取引ができる!

30秒取引は判定時間が短い分、1日取引のように1回しかチャンスがないものと比較して取引回数を多くできるのもメリットです。

また、ペイアウト率も高いことが関係してきますが、取引回数が多くなればなるほど勝率を維持できれば利益額も大きくなります。

30秒取引は予測を当てるコツさえ掴めば、取引回数を多くできるので一番利益額を多く出すことが出来ます。

何度もエントリーできて、高ペイアウト率で利益を出せるのであれば、非常におおきなメリットになるでしょう。

30秒取引は難しいイメージですが、得意な人もいるのが事実。攻略法を試しながらデモで練習してみるといいかも。

ハイローオーストラリアの30秒取引のデメリット

とはいえ、個人的には初心者に30秒取引をおすすめしていません。ぶっちゃけ、30秒取引が一番難しいからです。

そして、ほとんどの方が同じ意見だと思います。では、なぜそこまで難しいとされているのか?その理由をデメリットと一緒に解説していきます。

  • MT4で詳細なローソク足が出せない
  • ノイズが出るのが当たり前
  • 過剰に取引をして資金が溶けるのがあっという間

30秒後の予測をするだけ。なので簡単そうなとこだけに目を向ける人が多く、上記のようなデメリットを見落としがち。

では、ハイローオーストラリアの30秒取引が難しい理由を詳しく見ていきます。

MT4で詳細なローソク足が出せない

取引の必須ツールといえばMT4。ですが、MT4で10秒単位のローソク足を出すことが出来ないんですよね。なので、MT4を使って30秒取引で分析するのは無理ゲー。

MT4はもともとFX専用のツールなので、秒単位の取引に対応するように作られていない。なので、ローソク足も1分までになっています。

結論、30秒取引でMT4を使おうとするとめちゃくちゃ使いづらいっていうのが真実。

なので、30秒取引の攻略でMT4ツールが出てきた時点でそのサイト怪しい・・・と疑ってOK。10秒単位の分析ができないローソク足を使った攻略はまず無理。

ノイズ(不安定な為替)が出るのは当たり前

「トレンドが発生している!」エントリー➡︎ノイズで負ける。こんな感じが日常茶飯事。

上記のチャートを見て貰えばわかるんですけど、赤丸で囲っているところがノイズです。

判定時間が短ければ短いほど、チャートは不安定になりやすく、このノイズの影響を大きく受けることになります。

30秒取引の場合↓

 

上記のように急激なノイズの影響をダイレクトに受ける。

これが15分取引の場合はどうでしょうか。

15分取引↓

30秒取引の際に発生したノイズを赤丸で囲っています。

見てお分かりのとおり、15分取引では全く気になりませんね。

30秒取引はただ取引するだけでは、ノイズに巻き込まれて負けてしまう確率が高いです。こんな感じで30秒取引の攻略はかなり難しい・・・。

ただ、このノイズを利用した攻略法があるので後半にご紹介します。

30秒取引の過剰取引

30秒取引は非常にギャンブル性が高い。すぐに結果がわかってしまうが故に、取引の最中「冷静さ」を失うのも事実。

30秒取引は、すぐに結果がわかってしまうため熱しやすく、「損を取り返しそう」という気持ちが強く出る。特に初心者はこのギャンブル性にはまりこんでしまう傾向が強い。

すぐに取引の結果が出るというのはメリットな反面、取引最中の「冷静さ」を失うことはデメリットであります。

損失を膨らまさないためにも、投資額を決めておくと良いでしょう。損切りをすることもバイナリーオプションにおいては重要な勝ち方の1つです。

「損失を出してしまったから」と次々にエントリーするのではなく一旦冷静になるために画面を閉じて離れることも重要です。

取引に感情的になるのはNG!

ハイローオーストラリア30秒取引の攻略手法

ということで、ハイローオーストラリアの30秒取引で勝率を上げるための『攻略法』を解説していこうと思います。

3つほど紹介していきますので、頭に入れておくと便利です。

  • MT4の1分足を使って順張り
  • ノイズを使って逆張り
  • 値動きによって取引方法を変える
  • 経済指標の発表を狙う

使える使えないの判断は皆さんにお任せします。今からご紹介する攻略法をデモなどで試してみて自分に合っている攻略法を選択するといいですよ。

では、詳しく解説していきますね。

MT4の1分足を使って順張り

ハイローオーストラリアの30秒取引を攻略する方法はやはり「順張り」

MT4の1分足を表示させて、トレンドの発生のタイミングを見て「順張り」をする攻略法。MT4の中で30秒取引に一番近い1分取引を利用します。

  • トレンドの判断はMT4の1分足を使う
  • インジケーターは「移動平均線」を表示
  • 期間は長期「14日」短期「5日」に設定
  • トレンド発生の頭と思われる場所で順張り

長期線(14日)と短期線(5日)が交差した時点で、短期線が進んでいる方向に向けて順張りエントリーすればOK。こうすることで、トレンドにうまく乗って勝率がUPしやすいといった感じ。

ノイズを使って逆張り

スマホのみで、インジケーターとか使わずに取引がしたい!

上記のような考えの方は、ノイズを狙った逆張り取引がオススメ。

この方法はテクニカル分析もインジケーターも使いません。

目視でノイズ(一瞬だけチャートが急激に跳ねたり落ち込んだりするポイント)が発生したのを確認し、ノイズの頂点でポジションをとり、ノイズが出た方向に対して逆張りするだけ。

ただ、相場の動きが激しい場合は約定拒否されることもあり得るので気をつけましょう。

値動きによって取引方法を変える

値動きの幅の大きさによって、30秒取引のターボかターボスプレッドを選択する方法。

30秒取引は値動きの幅があるほど大きく稼げるチャンスとなる。なので、値動きの大きさに合わせて取引方法を変えると良い。

  • 値動きが大きい時はターボスプレッド
  • 値動きが小さい時はターボ

この攻略を使う際は、通貨ペアを「USD/JPY」のみに固定というやり方ではなく、値動きが激しい通貨ペアを探すといい。

多くの方がドル円を選択しますが、それ以外の通貨ペアにも多くのトレードチャンスが潜んでいます。特にポンドドルとポンド円は値幅が大きく日中のトレンドが強めでチャンスが多い。

ポンドの通貨ペアで利益を上げる

30秒取引のトレードに最適な通貨を選ぼう↓

  • GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)
  • GBP/JPY(英ポンド/日本円)
  • GBP/USD(英ポンド/米ドル)

上記の英ポンドの組み合わせを選択すると値幅の大きい為替に遭遇しやすい。

イギリスのロンドン・オブ・シティは多くの金融会社が集まっているので、為替も活発的に動きます。

変動幅の大きな英ポンドとの通貨ペアとしておすすめなのは、メジャーな通貨の米ドルと日本円です。まずはこの組み合わせで30秒取引のチャンスを伺ってみましょう。

英ポンドの特徴について詳しく知りたい方はこちらの動画がおすすめ↓

YouTube
ポンドの特徴をつかむ!ポンド攻略ショートセミナー
ポンドの特徴をつかむ!ポンド攻略ショートセミナーボラティリティの高さが魅力の一つであるポンドについて、値動きの特徴や変動要因、経済情勢など、取引する上で欠かせない情報を約20分の動画にまとめました。短時間の動画...

20分ほどの内容です。初心者には少し難しい内容かもしれません。ポンドを極めたい!知識を付けたい!という方は見ておくと良いかも。

ロンドン市場のオープン時間

ロンドン市場がオープンしている時間帯を狙うので、

  • 日本時間の夏は15時〜25時
  • 日本時間の冬は16時〜26時

上記の時間はいいトレードチャンスをもたらします。

またロンドン市場の休みの日は値幅がかなり小さくなりトレードが難しくなります。事前にロンドン市場の休日を知っておくことが大切です。

トレードしても負ける確率の方が高いのでロンドン市場の休日にはトレードしないことをおすすめします。翌日からトレードを開始しましょう。

金融市場休日カレンダーを使えば、ロンドン市場の休日を確認できますよ。

経済指標を狙う

30秒取引は経済指標発表を狙う←スマホでも出先でもOK

身に付けると、経済指標が一番手堅い攻略法ですが、慣れるまではリスクがあるので初心者にはおすすめできません。ただ、デモなどで練習し行けるかも…と感じたらやってみる価値はアリ。

経済指標の見方がわからない方は、上記の動画でおすすめされているような重要度がわかるサイトなどを使うと良いかも。

羊飼いのFXブログ(毎日そのひの指標をランク別で表記)

慣れればスマホでチェック&エントリー

30秒取引は分析が難しいので普段はおすすめしませんが、経済指標の発表直後はスマホで30秒取引のターボスプレッドでトレンドを狙うのがおすすめ。

というのも、経済指標の発表直後って一方向に急激なトレンドが出やすいんですよね。

なので、経済指標さえチェックしておけば外出先でも勤務先でもOK。手早くエントリーするためにもスマホ取引の方がむいているかも。

みんかぶFXの経済指標カレンダー

こちらのカレンダーか前述のFXブログを事前に見つつ、経済指標を確認しエントリー。

MT4などを使ったテクニカル分析はスマホのみの取引はおすすめしませんが、この手法だとむしろスマホの方がいい。急なトレンドにもスマホで対応できるのでむしろスマホ取引の方が良かったり…。

注目すべき重要経済指標はコレ

  • 米雇用統計(最重要)
  • FOMC(利上げ利下げの噂が出たら重要)
  • 日銀金融政策決定会合
  • 欧州中央銀行(ECB)政策金利発表
  • 米ADP雇用統計
  • GDP(各国にある経済成長と思ってOK)
  • 消費者物価指数(CPI)インフレ率をみる良い指標
  • 中古・新築住宅販売件数(景気の現れ)
  • 米ISM製造業景況指数(景気の現れ)
  • 小売上高(自動車部門を除いた部分が重要)
  • 生産物価指数(PPI)(インフレ率をみる)
  • 住宅着工件数(景気動向関連)
  • 鉱工業生産(景気動向関連)
  • 貿易収支

※重要度順に掲載しています。

経済指標の見方はこちらの動画がわかりやすいです。10分ほどの動画ですので、長いと感じる方は倍速でざっくり内容を把握するのも良いでしょう。

FXの動画なんですが、根本的には同じなので勉強になります。

いずれにせよ情報収集は必須

トレーダーはマーケットの動きをよく理解するために、さまざまなニュースや発表を知る必要があります。

例えば、テロなどが起こった際相場は乱高下し、通常の時間帯の分析は全く関係なくなります。

他にも、イングランド銀行(BOE)と欧州中央銀行(ECB)による発表は、全てのトレーダーにとって重要です。BOEとECBの発表は、ポンドとユーロだけでなく、円、金株式市場などの他のマーケットにも影響を与える可能性があるのです。

テレビや新聞以外の情報収集はロイターを使っています。経済に影響するニュースが多く掲載されていて日本語で世界のニュースを知ることができておすすめです。

経済指標の発表がいいトレードチャンスをもたらす可能性はありますが、経済発表でトレードする際には戦略を立てることが重要なのです。

目次
閉じる